決定でき、責任を負う統治の仕組みへ現在は、国と地方の役割分担がはっきりせず、どちらも責任を取らない無責任な統治機構になっています。 これからの時代は、国と地方の役割分担をはっきりさせ、国の仕事は国の財布で、地方の仕事は地方の財布で、権限と責任を持ってマネージメントを行っていく時代です。 さらに、地方公共団体が自らの組織を自ら決定することを可能にし、特色ある地方自治にしていきます。
競争力強化のためのインフラ整備をし、グローバル化する経済に適応できる産業構造への転換を促していきます。 既得権益と闘う成長戦略を構築し、新エネルギー政策を含め、先進国をリードする脱原発依存体制を構築していきます。
日本の将来を決めるのは、子ども達です。世界最高水準の教育を限りなく無償で提供し、将来の日本を引っ張っていけるような子ども達を育てていきます。 悪しき平等・画一主義から脱却し、理解ができない子どもには徹底的にサポートし、理解できる子どもはぐんぐん伸ばす、個人の能力を真に伸ばす教育へ改革していきます。
社会保障制度は、持続可能な制度でなくてはいけません。 そのためには、受益と負担の明確化を図り、若年層から高齢層まで、みなが納得した上で制度を維持していく必要があります。 年金は一元化していき、賦課方式から積立方式に長期的に移行させていきます。
2.jpg
| トップ | 活動報告 | プロフィール | ポリシー | ブログ | 後援会 | お問合せ | プライバシーポリシー |

Copyright (c) 高橋みほ. All right reserved.
 
Product by OPO
政治・選挙の広報に特化した総合企画・デザイン会社OnoPlanningOffice